バイアグラの個人輸入

バイアグラ,個人輸入,通販

イアグラは処方箋医薬品です。つまり、薬局やコンビニで買える風邪薬や頭痛薬等の一般に薬品とは違い、病院へ行き医師の診察を受けなければ手に入れることができない医薬品です。

 

 

バイアグラには副作用や禁忌事項があり、正しい服用方法のもとに使用しないと健康被害を起こす危険性がある為、手軽には購入することはできません。手に入れるには病院やクリニック等の医療機関しかありません。

 

 

ただし、個人的に海外で売られているバイアグラを輸入するならば、処方箋無しで手に入れることができます。
これを『個人輸入』といいます。海外で販売されているバイアグラは個人輸入することができます。

 

バイアグラを個人輸入する時の注意点

  • 他人へ販売・譲渡することは禁じられています。
  • 一ヶ月分以上の使用量を輸入することも禁じられています。

あくまでも個人的な使用のみ個人輸入は許可されていますので、輸入者本人以外の人が使用することは出来ません。
バイアグラの場合1日1錠の服用しか出来ないため、30錠以上を一度に個人輸入することはできません。

 

個人輸入は全て自己責任のもとでの取引となります。

つまり、 個人輸入で手に入れた商品を使用することによりによる効果や副作用、そして偽物や偽造品、不達等のリスクも全て自己で背負わなければならないのです。

 

 

個人輸入というと、ハードルが高く面倒くさいような気がしますが、実際に個人輸入されている方たちは、『個人輸入代行業者』を利用して購入しています。個人輸入代行業社はインターネツト上にホームページを持ち、簡単に検索することが出来ます。実際に検索してみるとわかりますが、代行業者はとても多く存在します。これらの中には偽物を売りつける危険な業者も存在しますので注意が必要です。


バイアグラとは

バイアグラ,個人輸入,通販

イアグラは、世界ではじめての内服するだけでEDを改善できる治療薬です。有効成分はクエン酸シルデナフィルという物質です。

 

バイアグラは、アメリカのファイザーという製薬会社の製品です。販売当初には、簡単に使用できて高い確率でED改善に効果があることから、「夢の薬」とまで形容されました。1998年のことです。画期的な薬であったことから、日本でも大いに話題になりました。

 

この時点では日本では未承認でしたから、国内ではバイアグラを入手することはできませんでした。バイアグラは、個人輸入で手に入れるしかなく、国内では法外な値段で非合法に売買する例が相次ぎました。当時は、1錠が5,000円や10,000円という値段で取引されていたこともありました。こういった状況で、特に問題視されたのが、バイアグラについての正確な知識もないまま誤った服用方法で服用した人に健康被害が出たことです。例えば、心臓などの循環器系の障害がある人が服用したり、バイアグラを同時に服用してはいけない硝酸剤と一緒に服用したり、何錠もまとめて服用したりといったケースがありました。

 

そこで、日本での認可作業が急がれ、異例の早さで認可がなされました。アメリカで発売されてから約1年後には日本でも認可されているので、新薬の認可に時間がかかるといわれる日本では、かなりのスピードで認可がなされたといえます。

 

それから、約15年の間、バイアグラは、日本でも多くの人が愛用し続けています。また、2014年からは、日本でもバイアグラのジェネリックが販売されるようになり、再びバイアグラに注目が集まっています。

 

バイアグラの効果

作用機序《メカニズム》

バイアグラ,個人輸入,通販

バイアグラは簡単にいえば、勃起を補助し、勃起しやすくさせる薬ですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 

前提として、勃起の仕組みをみてみます。性的な刺激を受けると、脳から刺激が男性器に伝わります。そうすると、サイクリックGMPという物質が生成されます。この物質は、血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、陰茎海綿体平滑筋を弛緩させます。これによって、海綿体へ血液が流入して、陰茎がパンパンに膨れ上がった状態が勃起です。

 

そして、勃起を沈める仕組みも、身体には備わっています。PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という体内酵素がそれです。PDE5には、サイクリックGMPを分解する働きがあり、PDF5の働きによってサイクリックGMPが分解されると、勃起をしたときとは逆の現象が起きて勃起はおさまります。

 

このPDE5が活発に働きすぎて、サイクリックGMPの濃度が十分に高まらなくなってしまうと、勃起ができないという事態が生じます。これがEDです。つまり、PDE5の働きを抑えることができれば、サイクリックGMPの濃度が十分に高まることができて、勃起できるということになります。

 

バイアグラの作用

バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルには、勃起を促進する物質(cGMP)を分解する酵素(PDE5)の働きを抑制することで、cGMPの濃度を高め、ペニスが勃起しやすい状態を作り出す効果があります。
このことからお分かりかと思いますが、バイアグラは、性的な刺激がなくても勃起を起こさせる薬ではありませんし、強制的に勃起をさせる薬でもありません。あくまでも、性的な刺激があったときに、勃起を助ける薬なのです。

 

効き方と持続時間

バイアグラは、内服するだけでEDを治療できる薬です。服用してから体内に吸収され、効果を発揮するまで30分程度の時間がかかります。そして、バイアグラの効果が最も強く現れるのは、服用してから1時間後くらいですから、性行為の1時間前に服用することが推奨されます。

 

バイアグラの効果が持続する時間は、個人差もありますが、50mg錠で4〜5時間くらいです。これは、現在販売されている他のED治療薬(レビトラやシアリス)と比べると短い時間です。しかし、一方でバイアグラは勃起力が高く、他のED治療薬よりもカチカチに勃起するといわれていて、愛用する人が絶えない理由になっています。

 

《効果のまとめ》
  • 服用してから30分から1時間ほどで効き始める
  • 服用後一時間後が最も効果が強く現れる
  • 持続時間は50mg錠で4から5時間程度

 

 

バイアグラのデメリット

バイアグラ,個人輸入,通販

バイアグラの欠点としては、食事の影響を受けやすいことがあります。バイアグラは完全な空腹時に服用しないと、効果が半減してしまうので、この点には注意をする必要があります。

 

また、バイアグラだけではなく全てのED治療薬に当てはまりますが、アルコールの摂り過ぎにより効果が弱まる可能性が高まります。アルコールにより酔いが回ると、脳の性中枢が麻痺してしまい性的に興奮しづらくなるために、勃起が困難になることがよくあります。食事とアルコ-ルの摂取には注意が必要なのです。

 

 

副作用

バイアグラは、基本的には安全性が高い薬ですが、副作用もあります。よく見られる副作用としては、顔のほてりや目の充血、鼻づまりといったものがあります。これは、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルに血管を拡張する効果があることから発生するものです。
頭痛も比較的多い副作用です。多くは軽いものですが、程度が強い場合には、頭痛薬を服用することもできます。また、発生頻度は低くなりますが、物が青っぽく見えたり、まぶしさを感じたりするという視覚異常が発生することもあります。これらの副作用は、バイアグラの効果が失われるに伴って消失します。かなりまれではありますが、4時間以上痛みを伴う勃起が続く、持続性勃起症という副作用が出ることがあり、この場合は、早急に医師の診察を受ける必要があります。


更新履歴